サンデースタートは週末に生理が重ならない飲み始め方

サンデースタートでピルの服用を始めると土日に生理が重なる心配がないので、週末の予定が立てやすくとても便利です。土日に生理が重ならないようになっているので、週末に旅行や彼氏とデート、スポーツなどを楽しみたい人におすすめです。

ここではサンデースタートの飲み始め方や土日に生理が重ならない仕組み、メリット・デメリット、サンデースタートにおすすめのピルについてご紹介しています。

サンデースタートの仕組みを理解すれば土日以外の曜日に応用することも可能です。また、サンデースタートが上手くいかない(生理が土日に重なってしまう)場合の対処法についても述べています。

サンデースタートの飲み始め方

サンデースタートでは、最初のシートは生理が始まった週の初めての日曜日から飲み始めます。月曜日から土曜日の間に生理が来た場合は、日曜日まで待ってから服用を開始します。日曜日に来た場合は、その日に服用をスタートします。

サンデースタートで飲み始めるのに適した1相性ピルの「マーベロン」を使用した場合、以下の図のようになります。

サンデースタートの仕組み

図のように、生理が始まって最初の日曜日からピルの服用を開始します。

21錠タイプの場合は1シート分を飲み終わったら7日間の休薬期間を取り、新しいシートを日曜日から飲み始めてください。

28錠タイプは21錠のものに飲み忘れを防ぐための偽薬7錠が追加されたものなので、1シート全部の錠剤の服用を休まず続け、服用を終えたら新しいシートを日曜日から飲み始めます。

通常、休薬期間(偽薬)中に生理が来ますが、飲み始めの数か月はホルモンバランスが乱れて生理がこなかったり、不正出血が起きたりする場合があります。休薬期間の後半に生理が来てしまい、週末に重なる場合もあります。

なぜ土日に生理が重ならないの?

サンデースタートでピルを飲み始めると、なぜ土日に生理が重ならないのでしょうか?

サンデースタートは日曜日に飲み始めるので21錠の実薬服用が土曜日に終わります。個人差はありますが、生理はピルの服用をやめて2日後に来るので月曜日に生理が始まり、多少長引いたりしても、週末までに終わるようになっています。

この仕組みを利用すれば、他の曜日でも応用することができます。生理が来るタイミングはピルの種類によって違いますが休薬期間2日目に生理が来るとした場合、水曜日に生理が重ならないようにするには、水曜日に飲み始めるとよいでしょう。

トリキュラーなど、ピルの種類によっては上手くいかない場合があります

サンデースタートでピルを飲み始めても、ピルの種類によって土日に生理が重なる場合があります。その場合は服用中の実薬をすべて飲み終えた後、休薬期間を6日に縮めて土曜日から新しいシートを飲み始めましょう。休薬期間の7日間を縮める分には問題ありません。

特にトリキュラーやアンジュ、ヤーズは土日に生理が重なることが多いです。

サンデースタートでトリキュラーやアンジュを飲み始める方は、1シート目で生理が来るタイミングを確認して、2シート目から飲み始める曜日を休薬期間で調整してみてください。

ヤーズの場合、実薬数が他のピルと異なり24錠で、休薬期間も4日になっているので、通常通り日曜日に飲み始めると土日に生理が重なってしまいます。1シート目から木曜日から飲み始めると実薬終了が土曜日になり、月曜日から生理が始まることが多いです。

この方法には個人差がありますので、ピルの種類によって飲み始めの曜日を変えたり休薬期間を縮めたりしてうまく調整しましょう。

サンデースタートの避妊効果はいつから?

サンデースタートの場合、服用開始が生理初日でない限り、避妊効果が得られるのは7日後になります。

生理2~5日までに服用すれば卵胞の成長を抑制でき、排卵が起こらないので避妊効果は服用開始日から得られると考える専門家もいます。実際に日本産科婦人科学会のガイドラインでは生理5日目までに服用開始したら他の避妊法を併用する必要はないと明記しています。

しかし、生理不順の方には当てはまらない場合も多く、排卵のタイミングには個人差があるので、念のため飲み始めの1週間はコンドームを使用してください。

サンデースタートのメリットとデメリット

サンデースタートには以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

デメリット

  • 土日に生理が重ならない
  • 服用の習慣がつきやすい
  • 生理開始を待つ必要がある
  • 飲み始めの7日間は避妊効果がない

生理不順でいつ生理が来るのか分からない方は、生理周期のいつからでも服用が可能な「クイックスタート」がおすすめです。また、なるべく避妊効果を早く得たいと考えている方は、服用初日から避妊効果が現れる「デイワンスタート」で飲み始めましょう。

サンデースタートにおすすめのピル

サンデースタートを推奨しているピルにはノリニールとシンフェーズがあります。これらは休薬期間中の前半(月曜日~火曜日)に生理が始まり、土日までに生理が終わるようにホルモン量を変化させています。

他の種類のピルでもサンデースタートで服用を開始できますが、ピルの種類によっては休薬期間の後半に生理が始まり、土日に生理が重なる可能性もあるので注意が必要です。

1相性のピルは生理が休薬期間の前半に来ることが多いのでサンデースタートにおすすめです。

3相性のトリキュラーやアンジュでもサンデースタートで服用を開始することはできます。しかし休薬期間の後半に生理が起こることが多いので、通常通り日曜日に飲み始めると生理が週末に重なるので工夫が必要です。

マーベロン

マーベロン

参考:マーベロン21|薬の通販比較 

マーベロンは第3世代1相性のピルです。第3世代のピルは男性化作用がほとんどないため、副作用で太ることも少なく、ニキビの一時的な悪化もあまり見られません。

また、ピルはニキビに有効とされていますが、マーベロンは特にニキビ・肌荒れ改善に効果的です。他のピルだと効果を感じるまでに飲み始めて3か月程度かかりますが、マーベロンは1か月で効果が現れることが多いので、ニキビで悩んでいる方にはおすすめです。

マーベロンのジェネリック医薬品

ノベロン(マーベロンのジェネリック)

マーベロンの購入を考えている方はマーベロンのジェネリック医薬品のノベロンがおすすめです。ジェネリック医薬品は開発費用が少なくて済むため、成分や効果は同じでありながら比較的安価で購入できます。マーベロンと同様、女性ホルモンを安定させることができるので、美肌やニキビ改善の効果も期待できます。

ノベロン(マーベロンジェネリック)
ノベロン(マーベロンジェネリック) ノベロンはマーベロンのジェネリック医薬品です。マーベロンと同様、第3世代1相性のピルです。避妊効果はもちろん、ニキビ治療や生理日調整に使用されます。

関連: ノベロン(マーベロンのジェネリック)の飲み方

ダイアン35

ダイアン35

ダイアン35は1相性の新しいタイプのピルです。プロゲステロンに使用されている酢酸シプロテロンという化学物質は男性ホルモンを抑える作用が強いので、ニキビや多毛に効果があります。

また配合成分を最小限に減らすことによって、小柄なアジア人体型に合うようになっています。吐き気や頭痛などの副作用が少ないことも特徴です。

[Ad_01_Diane]

関連:

おすすめの低用量ピルBest3

ピルの飲み方ガイドがおすすめする低用量ピルです。まとめ買いをするとさらにお得に購入できます。
トリキュラー
トリキュラー 第二世代・三相性の低用量ピルです。病院でも広く処方されており、充分な実績がある安全性の高いピルです。
ノベロン(マーベロンジェネリック)
ノベロン(マーベロンジェネリック) ノベロンはマーベロンのジェネリック医薬品です。マーベロンと同様、第3世代1相性のピルです。避妊効果はもちろん、ニキビ治療や生理日調整に使用されます。
超低容量ピル・ヤーズ
超低容量ピル・ヤーズ: ヤーズは第4世代1相性の超低用量ピルです。避妊効果は他のピルと同様にありながら、副作用が最小限に抑えられています。日本では月経困難症の治療薬として承認されています。
 ページの先頭に戻る